ペロニ―病の症状

陰茎硬化症について

陰茎硬化症をそのまま放置してしまうと勃起しなくなったり、性行為が出来なくなります。早期に治療を受けることで、そういった問題を解決することができるので、ぜひ相談してみましょう。

陰茎硬化症

ペロニー病とは

ペロニー病とは、陰茎海綿体白膜にしこりができる良性の病気です。ペロニー病になることで勃起時の痛みが生じることや陰茎湾、陰茎短縮、勃起障害などになり性交障害の原因となります。特にペロニー病の場合に気をつけないといけないのが、合併症になります。合併症により、陰茎湾曲症にかかり、その問題を抱えてしまうことで、EDやインポテンツに陥るケースもあります。早期の改善をする必要のある症状になります。

しこりが初期症状

ペロニー病の症状は、しこりから始まります。しこりは指で沿ってコリコリと感じることができるといったものになります。陰茎癌も同様のしこりができますが、陰茎癌の場合のしこりは悪性となりますが、ペロニー病のしこりは良性といった違いがあります。

ペロニー病が原因で手足の拘縮

ペロニー病が良性だからといって、そのままの状態にしてしまうと状態は悪化してしまいます。症状として出てしまうのが、手や足になります。拘縮といった症状が発症してしまい、手の場合では手のひらが曲がったまま伸ばせなくなります。足の裏も同様に症状が出て、「く」の字になったまま伸ばせなくなります。陰茎が曲がってしまうことで、硬化の症状が手の平や足の裏にも生じてしまいます。

広告募集中